2008年07月13日

カットマン対策の必要性

ドライブマン同士など、同型との試合は、技術の差が、試合結果にそのまま現れやすいですが、カットマン、速攻選手など、異なる戦法との場合は、戦術が大事になってきます。

特にカットマンとの試合は、むやみに強打しても、打ち抜くことができず、負けてしまいます。

ドライブマンの人でも、カットマンが大得意という人もいれば、めちゃくちゃ苦手という人もいます。

大得意と言う場合は大体、優れた技術を持っているのではなくて、カットマンを倒す優れた戦術、戦略をもっている場合が多いです。

まあ、どんなカットでも一発で打ち抜いてしまうパワードライブを持っていれば戦術、戦略なんか必要ないかもしれませんが、そんな選手はあまりいないでしょうから、多くの選手には、これから説明する、カットマン対策が大変有効になってくると思います。


「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 15:44 |Comment(1)

基本戦術 コースを変える

カットマンに同じコースの球ばかり送っていたら、相手を楽にしてしまいます、

カットマンとの試合は体力勝負になる可能性もありますので、相手の体力を削るために、常にコースを変えて、相手を大きく動かすよう心がけてください。

また、大きく動きながらのの返球はミスの可能性が増えますので、その点からも、常にカットマンを振り回すよう心がけてください。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 15:52 |Comment(0)

カットマンを左右に振る

最初に

カットマンを左右に振る

説明をします。

振り方としては、

ツッツキで左右に振る

ドライブで左右に振る

カット打ちで左右に振る

スマッシュで左右に振る

などあると思います。

一番多用するのは、

カット打ちやドライブで左右に振る

だと思います。

左右に振るは技法に関係なく使える戦術ですので、常に相手の空いているコース、拾いにくいコースを突くように心がけましょう。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 15:58 |Comment(0)

カットマンを前後に振る

次に紹介する、基本戦術は

カットマンを前後に振る

です。

左右だけでは、相手も返球しやすいため、左右だけでなく、前後にも振りましょう。

振り方としては、

前へ振るには、ツッツキやストップ

後ろへ振るには、ドライブやカット打ちやスマッシュ

などが有効です。

前に振ってから、強打をすると、

相手は苦しい体勢や下がりながらの返球になり、こちらが有利な展開になりやすいです。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:03 |Comment(0)

カットマンを対角線に振る

これは、左右に振るのと、前後に振るのを組み合わせた戦術になります。

最初相手のフォア前に振っておいてから、相手のバックを強打するなど、対角線に攻めると、カットマンは動かされる距離が非常に大きくなるため、非常に効果的な戦術になります。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:07 |Comment(0)

スピードに変化をつける

いつも同じスピードの球ばかり打っていたら、相手に慣れられてしまうため、スピードに変化をつけるように心がけてください。

ツッツキなら、速くて、深いツッツキの変化

ドライブなら、遅いループドライブと速いスピードドライブの変化

など、いろいろスピードに変化をつけてください。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:10 |Comment(0)

回転に変化をつける

ドライブやツッツキがいつも同じくらいの回転量なら、カットマンも楽に返球できてしまいます。

よって回転量にも変化をつけるように心がけてください。

たとえば

ツッツキなら、回転の少ないツッツキ、ナックルツッツキ、それなりに切れたツッツキ、猛烈に切れたツッツキなどの変化

ドライブなら、猛烈に回転がかかった沈むドライブ、普通のドライブ、回転の少ないスピードドライブ、ナックルドライブなどの変化

を常につけるように心がけましょう。
「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:15 |Comment(0)

カーブ、シュートを混ぜる

いつも、ドライブやツッツキが普通の直球ばかりだと、相手を混乱さすことができません。

常に、

カーブツッツキ、シュートツッツキ

カーブドライブ、シュートドライブ

など、弾道に左右の変化をつけるように心がけましょう。

特に相手が中後陣に下がったときは曲がりが大きい球は相手にとってとり難いので、非常に有効です。

「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:19 |Comment(0)

ミドルを攻める

カットマンが責められて一番いやなコースはどこでしょうか?

実はミドルです。

特に相手が前にいるときは、非常に効果的です。

よって、相手が前にいる時に、チャンスボースがきたら相手のミドルを突くと、非常に効果的です。
「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:21 |Comment(0)

ひたすらツッツキ

もし、カットマン相手にもツッツキの打ち合いで、負けない自身があるなら、

ひたすらツッツキで打ち合う

戦術で勝つこともできます。

でも、普通は、カットマンはツッツキは得意なので、なかなか、ツッツキだけで勝つのは難しいですが。
「カットマン対策」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:25 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。