2008年06月28日

攻撃的レシーブ

レシーブはとりあえず安全に返球しておけばいいや
レシーブで無理してミスったらだめだ

など、守備的なレシーブをしてませんか?

安全に返球することは、直接は失点につながりませんが、

安全な返球をすると、
相手への甘い返球になることが多く、
相手に強打され、
相手にラリーの主導権を握られ、
結局失点。

のように、間接的に失点につながる可能性が高いレシーブになります。

間接的に失点をもたらすレシーブははたして、よいレシーブといえるのでしょうか?

結局失点する確率が高いなら、最初からもっと、厳しいレシーブ、攻撃的なレシーブをして、失点する確率を下げる必要があるのではないでしょうか。





「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:58 |Comment(0)

ストップは良いレシーブか?

果たしてストップは良いレシーブなのでしょうか?

ストップは、ちゃんと、低く、短く決まれば、相手に強打されない強力な守備力を誇っていますが、

相手に主導権を渡してしまうプレーです。

ストップされた側は

フリックが得意ならフリック
切れたツッツキからの展開が得意ならツッツキ
守り重視なら、再度ストップ

と自分の好きなラリー展開に持っていくプレーを選択することが可能です。

相手の得意なラリー展開になってしまうプレーが本当にいいプレーといえるでしょうか?

世界レベルならば、

相手のフリック強打ぐらい軽くカウンターできる技術
少々切れたツッツキでもパワードライブできる技術

などを持っているため、ストップは非常に有効かもしれませんが、そこまで、レベルが高くない場合は、

相手の得意な展開をひっくり返す事は実際は非常に難しいです。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:11 |Comment(0)

こちらが主導権を取れる攻撃的レシーブ

ということで、相手に主導権を握らすことなく、

レシーブでいきなり、自分の得意な展開に持ってけて、

ラリーの主導権をとれる、

攻撃的なレシーブ戦術について、

書いていきたいと思います。

「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:16 |Comment(0)
2008年07月02日

台から出るサービスは全て強打

上級者ならあたりまでのことですが、台から出る長いサービスは全て強打するつもりで、レシーブして下さい。

これができないと、サーバーに

「少しでも長くなると打たれる」

プレッシャーがかからなくなり、相手を安心させてしまします。

攻撃的なレシーブを目指すならなおさら、長いサービスを

ツッツキやフリックなどではなくて

パワードライブで返球するように心がけましょう。

パワードドライブが無理な場合でも、

厳しいループドライブ
沈むドライブ
カーブドライブ

など、相手に3球目を強打されない、厳しい球で返球しましょう。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:22 |Comment(0)

台から出るサービスを強打する場合も緩急をつける

台から出るサービスを毎回同じ技術、コースで強打していたのでは、相手に返球されてしまいます。

ドライブも

カーブ
シュート
沈む
伸びる

など、変化をつけて、相手に読まれない返球をするように心がけましょう。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:25 |Comment(0)
2008年07月03日

試合中全ての違うレシーブをするのが理想

攻撃的レシーブについてですが、

素晴らしいレシーブを打てたとしても、その種類が少ないならば、相手に慣れられてしまい、効果が激減してしまいます。

ある意味、凄いレシーブを3種類しかもっていない選手よりも、普通のレシーブなのだが、試合中のレシーブをすべて違う技術を使った選手の方が相手にとっては非常に嫌な相手になります。

理想は、相手にとって厳しいレシーブでしまも、毎回違う技法で、毎回違うコースに打てれば最高なのですが、さすがにそれは無理ですので、得意のレシーブ方法ばかり使ったり、練習したりするのではなく、幅広いレシーブ方法を身に着け、さらに、個々のレシーブ技術を常に向上させるように、心がけてください。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:33 |Comment(0)

順横回転レシーブ

ここで、これから多用する用語の説明をしておきます。

まず、順横回転レシーブです。

これは、相手の横回転系サービスをレシーブする場合に、

サービスのピン球の回転方向と同じ方向ピン球を擦りながら返球する、レシーブ方法です。

相手のサービスの回転方向を変えずに返球するため、順横回転レシーブと呼ばれます。

ピン球の回転速度と同じ速さで擦ってやると、相手の回転の影響を完全に無くすことが、可能です。

また、このように擦った場合は、回転の影響がなくなるため、通常、ピン球を打つ場合と同じく、ラケットの面に垂直な方向に返球されます。



「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:40 |Comment(0)
2008年07月04日

逆横回転レシーブ

次に逆横回転レシーブの用語説明です。

これは、相手の横回転系サービスをレシーブする場合に、

サービスのピン球の回転方向と逆方向ピン球を擦りながら返球する、レシーブ方法です。

相手のサービスの回転方向を逆回転にして返球するため、逆横回転レシーブと呼ばれます。

逆横回転方向にきちっと擦り打ちした場合、回転の影響をもろに受けて、ラケットの面に水平な方向に返球されます。

「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:43 |Comment(1)

あてただけのレシーブは通常逆横回転レシーブ

順横回転レシーブは、回転方向と同じ方向に擦る

逆横回転レシーブは、回転方向と逆方向に擦る

と書きましたが、当てただけのレシーブだとどうなるのでしょうか?

この場合は使っているラバーによって異なります。

一番一般的な、裏ラバーならば、あてただけの場合は、そのラバーの引き連れ効果で、逆回転になって返球されます。

つまり、逆横回転レシーブになります。

ただし、粒高などの場合は、そのラバーの性質から、順横回転レシーブになりますので、注意してください。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:44 |Comment(0)
2008年07月05日

順横回転カーブレシーブ

順横回転レシーブ行った時に、その弾道がカーブする場合を順横回転カーブレシーブといいます。

相手の左横回転系サービスに対して、フォアハンドで、カーブツッツキやカーブフリックなどでレシーブした場合、

相手の右横回転系サービスに対して、バックハンドで、カーブツッツキやチキータ(カーブフリック)でレシーブをした場合

などが、順横回転カーブレシーブになります。

上記の場合はそれぞれ

フォアハンドの順横回転カーブツッツキレシーブ
フォアハンドの順横回転カーブフリックレシーブ
バックハンドの順横回転カーブツッツキレシーブ
バックハンドの順横回転チキータ(カーブフリック)レシーブ

と呼ばれます。
「レシーブで先手を取る戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:44 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。