2008年06月28日

劇切れカーブシュートツッツキの必要性

劇切れツッツキからのパワードライブ、沈むループドライブに持っていく展開で県大会レベルならば、十分通用するだろうが、全国大会レベルになると、ただ切れているだけのツッツキでは、簡単にパワードライブを打ってくる、パワーがある相手との対戦する場合がある。

その場合に備え、劇切れツッツキの応用で、切れてなおカーブ、シュートする、劇切れカーブ、シュートツッツキをマスターしておく必要がある。




「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:30 |Comment(0)

フォアハンドでの劇切れカーブツッツキ

フォアハンドでの劇切れカーブツッツキは、

劇切れツッツキより、少しだけリストを手の平側に折って、
ラケットの先端が斜め上を向くように構えて、
バウンドの頂点を
球の右下を高速に擦り打ちし
ネットギリギリを通過させ
相手コートの深くに入るように

打ちます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:55 |Comment(0)

バックハンドでの劇切れカーブツッツキ

バックハンドでの劇切れカーブツッツキは、

劇切れツッツキより、少しだけリストを手の甲側に折って、
ラケットの先端が斜め上を向くように構えて、
バウンドの頂点を
球の左下を高速に擦り打ちし
ネットギリギリを通過させ
相手コートの深くに入るように

打ちます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:56 |Comment(0)

フォアハンドでの劇切れシュートツッツキ

フォアハンドでの劇切れシュートツッツキは、

劇切れツッツキより、少しだけリストを手の甲側に折って、
ラケットの先端が斜め下を向くように構えて、
バウンドの頂点を
球の左下を高速に擦り打ちし
ネットギリギリを通過させ
相手コートの深くに入るように

打ちます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:57 |Comment(0)

バックハンドでの劇切れシュートツッツキ

バックハンドでの劇切れシュートツッツキは、

劇切れツッツキより、少しだけリストを手の甲側に折って、
ラケットの先端が斜め上を向くように構えて、
バウンドの頂点を
球の左下を高速に擦り打ちし
ネットギリギリを通過させ
相手コートの深くに入るように

打ちます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:58 |Comment(0)

横下回転サービスよりも切れる。

ちゃんと打てた場合、相手の下回転の回転量を、ラバーの引きつれ効果で、さらに増強したツッツキが打てますので、

通常の切れた横下回転サービスよりも切れたツッツキになります。

なので、切れたサービス以上の効果を発揮することができます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:07 |Comment(0)

相手は台に入れるのも困難

通常のカーブ、シュートツッツキは、

少しだけ曲がる、
相手の返球のコースを多少変える

ぐらいの効果しかありませんが、

劇切れカーブ、シュートツッツキなら、

めちゃくちゃ曲がるため、飛んでくるコースがわからず、強打しずらい。
その横回転の影響を受けて返球が狙った場所へ行かないため、厳しいコースをつかれない。

当然下回転もめちゃくちゃ掛かっているので、強打されにくい。

など、単品でも威力満点です。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:14 |Comment(0)

劇切れカーブ、シュートツッツキを打つコース@

威力満点の劇切れカーブ、シュートツッツキですが、ただ闇雲に打っていても効果が半減してしまいます。その曲がりを生かすためのコース取りが重要です。

フォアでのカーブ、バックでのシュートはその曲がり方から、相手のフォアサイドのサイドを切るコースに打つと非常に効果的です。

この場合、突いたコースと回転の影響で、相手の返球をこちらのフォアサイドに限定することができます。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:22 |Comment(0)

劇切れカーブ、シュートツッツキの打つコースA

フォアでのシュート、バックでのカーブはその曲がり方から、相手のバックサイドのサイドを切るコースに打つと非常に効果的です。

この場合、突いたコースと回転の影響で、相手の返球をこちらのバックサイドに限定することができます。

「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:23 |Comment(0)

サイドを切れば、カウンター可能

劇切れカーブシュートツッツキを相手のサイドを切るコースに打てば相手の返球のコースを限定できるため、

たとえめちゃくちゃ切れたツッツキでも平気でパワードライブを打ってくるような猛者との対戦でも、

返球のコースが分かってしまえば、カウンターなどが可能になります。
「カーブ、シュート ツッツキ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:34 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。