2008年06月22日

ループドライブってつかえる?

みなさん、ループドライブについてどんな考えを持ってますか?

安全性重視の打ち方で、38mmの頃は使えたけど40mmになってカウンターの餌食に
されるから、できるなら使いたくないけど、状況でしょうがなく使ってる

という認識の人が多いのではないでしょうか。

しかし、ループドライブもちゃんとした打ち方、戦術で使用すれば、あなたにとって非常に強力な武器になるのです。


「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:34 |Comment(0)

ちゃんとしたループドライブはカウンターされない

最初にみなさんの、

ループドライブはカウンターされやすい

との誤解をときたいと思います。

カウンターされやすい球とはなんでしょうか?

1番カウンターされやすいのはバウンドの頂点が高い球です。逆にバウンドが低いと非常にカウンターをやりづらくなります。

つまりループドライブでも、山なりで回転も普通のループドライブではなくて、

ネットぎりぎりを通過して、

回転量が多い打ち方ができれば、

バウンドが低くなるため

相手にカウンターされません。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:35 |Comment(0)

沈むドライブの応用の沈むループドライブはカウンターされない

バウンドが低いと言えば、そうです沈むドライブです。

ループドライブを沈むドライブの応用で打てれば、

相手にカウンターされないループドライブを身につける事が可能です。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:36 |Comment(0)

沈むループドライブは世界で通用する技術、戦術

ちなみにティモボルは猛烈に回転のかかった沈むループドライブからのラリー展開を得意にしています。

世界トップクラスの相手にも有力なループドライブなので、

県大会レベルでは非常に効果を発揮してくれます。

「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:37 |Comment(0)

沈むループドライブの打ち方

下回転に対する沈むドライブの打ち方の応用ですが、通常の沈むドライブよりもさらに回転重視で打ちます。


相手の球の弾道とインパクトときのスイングの方向とラケットの面がすべて平行になったとき1番薄く擦れて回転量が最大になるので、

バウンドの頂点や、頂点を過ぎてすぐではなく、ある程度下がったポイントで打ちます。

擦る方向、スイングの方向は相手の球の回転量や球のスピード、球の弾道で変えて下さい。

「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:48 |Comment(0)

沈むループドライブの弾道

きちんと沈むループドライブが打てた場合、その弾道は

フルスイングに近いスイングスピードなのに、非常に薄く擦り打ちしているため、

球はボヨーンとゆっくり飛んで行きます。

最初の打ち出し角度が大きいので、チャンスボールかと思いきや

下へ下へ急激に曲がって

ネットぎりぎりを通過し

相手コートでバウンドしたとき

加速して、あまりバウンドしません。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:54 |Comment(0)

沈むループドライブとスピードドライブのコンビは強力

沈むループドライブは遅くて、回転量大なので、これと相反する技と組み合わせると、相手にとって厄介な非常な強力な武器になります。

相反する技術、すなわち、早くて、回転の少ない技と言えば

スピードドライブです。

この二つを使い分ければ、相手は対応に苦慮するに違いありません。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:01 |Comment(0)

沈むループドライブはラリーの主導権をとれる

沈むドライブをこちらが打つと、相手は、そのバウンドの低さから、カウンターの強打は非常にやりにくくなります。

よって、そんなに厳しくないブロック、ドライブなどで、返球するしかなくなります。

で、厳しくない返球なら、こちらは強打が可能なので、こちらが先に強打が打てる、つまり、ラリーの主導権を握ることが可能です。

「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:05 |Comment(0)

沈むループドライブは攻撃力抜群

沈むループドライブを打つと

相手は厳しくない返球しかできないくて

こちらのチャンス到来

ということは、沈むループは間接的にこちらのチャンスをもたらしてくれます。

つまり、沈むループドライブは非常に強力な攻撃力を秘めた技術、戦術といえます。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:08 |Comment(0)

沈むループドライブへの持って行き方

沈むループドライブの攻撃力は分かってもらえたと思うので、

次に、どうやって、沈むループドライブを打てる展開に持っていくかを書きたいと思います。

沈むループを打つには、相手にツッツキさせればよいのです。

ここで、激切れツッツキが登場します。

「攻撃的 激切れツッツキ」カテゴリでも記載しましたが、

激切れツッツキを打てば相手は無理に打ってもカウンターされるだけなので、ツッツキで返球されることが多くなります。
「沈むループから主導権戦術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:12 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。