2008年06月15日

スーパーカーブドライブ@

皆さん、試合の時、あまり体験したこと無い弾道、戦術、技術を持った相手とあたって、戸惑っているうちに試合が終わってしまった経験はないだろうか?

そんなにうまくなくても、見慣れない弾道や打ち方をされると、返球するだけで、精一杯になってしまい、相手に主導権を握られてしまいす。

逆に試合の主導権を握るにはどうすればよいのでしょうか?

自分が非常に珍しい打ち方、弾道、戦術等を使えばよいのです。

沈むドライブなどは、県大会レベルではあまりお目にかからない弾道なので、これはこれで非常に有効な技術なのですが、普通のドライブと沈むドライブの変化だけなら、上級者(全国大会出場レベル)なら、すぐに対応されてしまいます。

そこで、全国大会でもあまりお目にかからない、めちゃめちゃ横回転の掛かったカーブドライブ「スーパーカーブドライブ」をマスターして、試合で使ってみると非常に効果的であったので、これからその技法、戦術などを書いて行きたいと思います。






「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 13:58 |Comment(0)

スーパーカーブドライブA

スーパーカーブドライブと普通のカーブドライブとは何が違うのでしょうか?

普通のカーブドライブは、せいぜい横回転の比率は3割程度で残りの7割は上回転で構成されています。弾道はドライブがちょっと曲がる程度です。

横回転の割合を増やしていくと、ちょうど横回転が5割、上回転も5割りくらいのへんから、曲がる大きさが非常に大きくなってきます。

よって、横と上回転がちょうど5割づつ程度のドライブを基本的なスーパーカーブドライブとすることにします。




「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:06 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの利点@

スーパーカーブドライブは何が優れているのでしょうか?

まずはそのめちゃくちゃ曲がる弾道のため相手はコースを読みづらくなり、強打されることが減ります。

曲がらない球や曲がりが少ない球なら相手が打った瞬間、飛んでくるコースが把握できるため、すばやく返球動作に入れますが、曲がりが非常に大きいと、打つ直前まで、最終的にどのポイントで打てば良いか把握が難しくなります。

いつも一緒に練習していればコースの予測は可能ですが、試合で初めての対戦なら、非常に効果的です。
「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:13 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの利点A

スーパーカーブドライブの弾道以外の利点が実はあります、こちらの方が初見の相手には厄介だと思われます。

それはめちゃくちゃ掛かった横回転です。

めちゃくちゃ掛かった横回転は切れた横上回転ロングサーブに近い性質を持っているため、それに対するレシーブと同じで、横回転の量をきちんと把握して打たないと狙ったコースに飛ばす事ができません。

初めてスーパーカーブドライブを受けた場合、コースを狙う以前に、相手の台に入れるだけでも非常に困難になります。




「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:22 |Comment(0)

スーパーカーブドライブはチキータの延長

ここまで書いて、「チキータ」の技法、戦術に似ていると思った方もいるのではありませんか?

まさに、そのとおりで、20年ぶりに卓球を再開して、「チキータ」なる聞いたことない技術を知って、練習して、それをマスターした時、

バックのフリックだけではなくて、通常のフォアドライブでも横回転の比率が非常に多いドライブが打てれば非常に効果的ではないか?

と思ったのが、スーパーカーブドライブをマスターしようと思ったきっかけです。

「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:28 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの打ち方

基本的にフォアのスーパーカーブドライブは激回転ドライブの応用になります。

ここで、激回転ドライブ(対ドライブ)の基本的な打ちかたをおさらいしておきます。

激回転ドライブで球を9時の方向に打とうとすると

1 バウンドの頂点を少し過ぎたあたりで
2 2時ぐらいのとこに最初当てて
3 球をラバーの表面で擦りながら
4 12時の方向に最後振りぬく

のイメージで

真横から見るとラケットが弧を描くようにスイングするのですが、

スーパーカーブドライブは真横だけではなく、真上から見てもラケットが弧を描くようにスイングするのです。

基本的な横と上の回転の比率が5割程度の球を打つには、

フォアハンドの場合リストを掌側に折ったり、打点を下げたりして、ラケットの先端が通常のドライブの場合より45度程度下を向いた状態にして、球の左上45度の位置を擦り打ちします。
「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:55 |Comment(3)

スーパーカーブドライブの打ちかたB

通常のスーパーカーブドライブの打ちかたよりもさらにラケットの先を下に向け、より球の外側を打てば横回転の比率が増したスーパーカーブドライブになります。

擦る位置をどれくらい外側にするかで、横回転と上回転の比率を変える事ができます。

ちなみに、ラケットの先を真下に向け、球の真横を擦れば、横回転の比率が100%の球を打つことができますが、これは非常にコントロールが難しくなります。
「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 15:10 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの注意事項@

効果満点のスーパーカーブドライブですが、弱点もあります。

横回転の量が多ければ多いほど相手の返球のコースがわかりにくくなります。

特に横上回転サービスと同じで、相手がブロック等、当てるだけで返球しようとすると、回転の影響をモロに受けてラケットの面とは全然違う方向に飛んでいきます。

たとえば、よくあるシーンとしては、自分のバックへの球を回り込んでフォアで相手のバックにスーパーカーブドライブを打ったとします。
ここで相手がこちらのバックに向けてブロックしたつもりが、回転の影響でフォアに飛んできたりします。

相手のバックにフォアでスーパーカーブドライブを打つ場合は、こちらのフォア、それも厳しいコースに返球される場合が多いので、次がフォアにくると思って、待ってください。
「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:42 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの戦術@

こちらがフォアハンドのスーパーカーブドライブで相手のフォアを突いたとします。

この場合横回転と、コースの影響で、こちらのフォアに返球される可能性が非常に高くなります。

さらに、サイドを切る厳しいコースに回転の影響で返球される可能性も高いので、飛びついて、相手のフォアサイドを切って、さらに大きく曲がっていく、スーパーカーブドライブで再度攻撃しましょう。

相手のサイドを切ってさらに大きく曲がっていく、スーパーカーブドライブは相手にとって返球しづらい球ですし、相手の返球のコースも限定できるため、非常に効果的です。
「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:51 |Comment(0)

スーパーカーブドライブの戦術C

こちらがフォアハンドのスーパーカーブドライブで相手のバックを突いたとします。

この場合横回転と、コースの影響で、こちらのフォアに返球される可能性が高くなります。

上級者の場合だと、横回転を逆に利用してこちらのフォアに厳しい球を打たれることがあるので注意してください。

相手が初心者でも、こちらのバックを狙った球がたまたま回転の影響でフォアの厳しいコースに飛ぶ事があるので、注意してください。

フォアハンドのスーパーカーブドライブで相手のバックを突いたあとは、フォアへの厳しい球に飛びつきスーパーカーブドライブが打てるように気合を入れて飛びついてください。

飛びつきに自信が無い人や相手が初心者でもっと別の方法で倒せる場合は、相手のバックにフォアにスーパーカーブドライブを打つのは、控えましょう。

「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:17 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。