2006年05月16日

ロビングをストップ

ストップで覚えておくと役立つのが、ロビングのストップです。

バウンド直後をラケットを引きながら柔らかくストップします。

必ず強打するフェイントから行ってください。


「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:43 |Comment(0)

安定したストップ

ストップが苦手な人は球に対してラケットだけ近付けて打っていり場合が多い。

安定したストップをするには台のしたに脚を踏み込み体と顔を球に近づけて打つ必要がある
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:13 |Comment(0)
2006年05月17日

頂点で打つストップ

ツッツキは頂点で、ストップはバウンド直後にいつも打っていたら、相手には打点で何をするかばれてしまいます。

レシーブ側なら、最初ストップに対応する構えをしておき、バウンド直後を打たなかったら、ツッツキをループなどで対応するために、少し下がればよくなります。

ストップのタイミングを遅らせ、頂点で打つようすれば、相手に直前まで、ツッツキかストップがわからなくすることが可能です。
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:09 |Comment(0)
2008年02月19日

ストップのミスは即失点

ストップは相手攻撃を防ぐ有効な技術ですが、

少しでも短くなるとネットにかかる

少し浮くと強打される

少し長くなるとドライブされる

とミスが即失点に繋がる恐ろしい技術でもあります。
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:34 |Comment(0)
2008年03月02日

ストップの目的

ストップの目的は、短く返球することで、相手の強打を防ぐ事にある。

短く返すには繊細なテクニックが必要です。
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:32 |Comment(0)

ダブルストップ

ダブルストップとは相手が厳しいストップをして、強打が不可能な場合に、ストップで返球することです。

厳しいストップを無理に打つと相手の思う壷なので、こういう場合は、ダブルストップをしましょう。

「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:39 |Comment(0)
2008年03月03日

ストップした後は

こちらがストップレシーブした後は、相手は

ツッツキ
フリック
ダブルストップ

のいずれかで攻撃してきます。

相手のツッツキにはループドライブで

相手のフリックにはカウンターブロック、カウンタードライブで

ダブルストップには臨機応変に対処しましょう。
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:26 |Comment(0)

右横下回転サービスをフォアでストップレシーブ

相手の右横下回転サービスをフォアハンドでストップレシーブするには、

リストを手の甲側に少し曲げて、
ラケットの打球面を上に向け、
球の左下を狙い、
ラケットを右から左に少し動かしながらストップしましょう。

ラケットを右から左に動かしながら打つと相手の回転の影響が小さくなり、短くレシーブしやすくなります。
「ストップ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:38 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。