2006年08月17日

ループドライブをブロック

よく、相手がループドライブして来た時が苦手。返球が浮いてしまう。

との声を聞きます。中級者ならカウンタードライブすればよいのですが、初級者向けの1番簡単な返球方法は

バウンド直後をブロック

です。最初はうまく入らないかも知れませんが、すぐに角度がわかってきて楽々返球ができはじめるでしょう


「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:45 |Comment(0)

ブロックのラケット角度

ブロックの時ラケットを真横にしている人をよく見ますが、それでは角度が安定しません。

ラケットの先端が斜め上を向くようにブロックするのがポイントです。

「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 08:15 |Comment(0)

バックのブロックは身体の正面

バックのブロックが安定しない選手でよくいるのが、

身体の左側で打っている選手

です。

バックは身体の正面で打たないと角度が安定しにくいのです。

バックの厳しいコースを突かれたときは、しょうがないですが、余裕がある時は、身体の正面でインパクトしましょう。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 08:19 |Comment(0)

上回転ブロック

普通のブロックができるようになったら、上回転をかけて返球するブロックができるようにしよう。

上回転ブロックは

バウンドの頂点より早いタイミングで、
ラケットを斜め上にスイングして、
ラバーの引き連れ効果で相手の上回転を利用して、
ボールに上回転がかかる。

打ち方である。

相手の回転を利用する打ち方なので、斜め上へのスイングよりも、タイミングに注意したコンパクトなスイングで大丈夫です。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:21 |Comment(0)

フォアへの厳しいコースのドライブをカウンターブロック

フォアの厳しいコースへドライブされ、カウンタードライブが無理な状況では

右脚を右に踏み出し
手首を手の平側に曲げて、インパクト時の打球面を事前に作りながら
腕を右にめいいっぱい延ばして。
ラケットに球を当てる

打ち方をします。

ポイントは事前に打球面を作っておくことです。

ぎりぎり届く球に、腕を出してからラケット振って返球しようとしても、ラケット振る前にラケットに球が当たってしまいます。

事前に打球面を作っておけば、ラケットがぎりぎり届けば、相手コートに入りますので、これに注意して打って下さい。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:13 |Comment(0)

バックへの厳しいコースにドライブされた時のカウンターブロック

バックの厳しいコースへドライブされ、カウンタードライブが無理な状況では

左脚を左に踏み出し
手の平側に手首を曲げて、インパクト時の打球面を事前に作りながら
肩を左に回し
腕を右にめいいっぱい延ばして。
ラケットに球を当てる

打ち方をします。

ポイントは事前に打球面を作っておくことです。

ぎりぎり届く球に、腕を出してからラケット振って返球しようとしても、ラケット振る前にラケットに球が当たってしまいます。

事前に打球面を作っておけば、ラケットがぎりぎり届けば、相手コートに入りますので、これに注意して打って下さい。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:16 |Comment(0)
2008年03月02日

カットブロック

ラケットの面は相手方向に向けて、通常のブロックの構えより少し高い位置に構えて、インパクト直前に真下にスイングすると、少しカットの掛かったブロックになります。

粒高ラバーでは非常に効果的な技法であるため多用されますが、裏ソフトラバーだとあまりカットが掛からないうえにコントロールが難しいので、ほとんど使われません。

「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:12 |Comment(0)

ナックルブロック

強粘着ラバーや表ソフトラバーだと、当てるだけブロックがナックル回転になる場合が多いです。

逆にテンションラバーなどでは、相手のドライブを当てるだけブロックすると、上回転の返球になります。

ナックル回転のボールはテンションラバー等ではドライブが打ちづらいため、効果的です。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:18 |Comment(0)

フォアハンドカーブブロック

フォアハンドのカーブブロックは、インパクトの瞬間、左から右に擦ラケットを動かします。

少し球の右横側を擦るようにすると、相手のフォアサイドを切る厳しい球が打てます。

相手のサイドを切って、さらに逃げていく球筋になるため、非常に効果的です。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:29 |Comment(0)

バックハンドシュートブロック

バックハンドのシュートブロックは、インパクトの瞬間、左から右に擦ラケットを動かします。

少し球の右横側を擦るようにすると、相手のフォアサイドを切る厳しい球が打てます。

相手のサイドを切って、さらに逃げていく球筋になるため、非常に効果的です。
「ブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:31 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。