2006年09月03日

ツッツキは体を球に近付ける

ツッツキが苦手な人は球に対してラケットだけ近付けて打っていり場合が多い。

安定したツッツキをするには台のしたに脚を踏み込み体と顔を球に近づけて打つ必要がある


「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:12 |Comment(0)
2006年09月04日

ツッツキした後はループに備えて下がる。

ツッツキをした後は、相手がループドライブを打って来てもカウンターができる位置まで下がりましょう。

「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:41 |Comment(0)
2006年09月05日

切れたツッツキ

腕で打つツッツキは安定感はありますが、回転は少なめです。

切れたツッツキを打つにはリストを使う必要があります。

下回転サーブのように、リストを親指方向にしっかり曲げて、インパクトで小指側にしっかり動かすと、リストが効いた切れたツッツキになります。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:00 |Comment(0)
2006年09月07日

早い打球のツッツキ

ツッツキは頂点で、ストップはバウンド直後にいつも打っていたら、相手には打点で何をするかばれてしまいます。

レシーブ側なら、最初ストップに対応する構えをしておき、バウンド直後を打たなかったら、ツッツキをループなどで対応するために、少し下がればよくなります。

ツッツキも少し早いタイミングで打つようにすれば、相手に直前まで、ツッツキかストップがわからなくすることが可能です。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 09:08 |Comment(0)
2006年09月15日

ナックルサーブをツッツキ

ナックル系サーブをツッツキする時、下回転と同じ打ち方では浮いてしまいます。

浮かないようにするには、ラケット面を少し立てて、押し込むようにスイングしましょう。

また、少し甘いサーブなら上から下に押し込むようにスイングしてもいいでしょう
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 22:31 |Comment(0)
2006年09月17日

右下回転サーブをツッツキ

右下回転サーブを普通にツッツキすると、ボールは右方向に飛んで行ってしまいます。

これを防ぐためには、

打球面を左斜め下に向け
ボールの右下をツッツキする。

こうする事で、相手の回転の影響をラケットの角度で打ち消す事ができます。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 08:51 |Comment(0)

左横回転サーブをツッツキ

左下回転サーブを普通にツッツキすると、ボールは左方向に飛んで行ってしまいます。

これを防ぐためには、

打球面を右斜め下に向け
ボールの左下をツッツキする。

こうする事で、相手の回転の影響をラケットの角度で打ち消す事ができます。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 08:53 |Comment(0)
2008年03月02日

フォアのカーブツッツキ

フォアハンドでのカーブツッツキは、普通のツッツキより、少しだけリストを手の平側に折って、ラケットの先端が斜め上を向くように構えて、リストを効かして球の右下を擦り打ちします。

一番効果的なのは、相手のフォアサイドを切るコースに打つ、フォアハンドのカーブツッツキです。

サイドを切ってさらに逃げていく球筋となるため、非常に効果的です。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:25 |Comment(0)

バックのカーブツッツキ

バックハンドでのカーブツッツキは、普通のツッツキより、少しだけリストを手の甲側に折って、ラケットの先端が斜め上を向くように構えて、リストを効かして球の左下を擦り打ちします。

一番効果的なのは、相手のバックサイドを切るコースに打つ、バックハンドのカーブツッツキです。

サイドを切ってさらに逃げていく球筋となるため、非常に効果的です。
「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:29 |Comment(0)

フォアハンドのシュートツッツキ

フォアハンドでのシュートツッツキは、普通のツッツキより、少しだけリストを手の甲側に折って、ラケットの先端が斜め下を向くように構えて、リストを効かして球の左下を擦り打ちします。

一番効果的なのは、相手のバックサイドを切るコースに打つ、フォアハンドのシュートツッツキです。

サイドを切ってさらに逃げていく球筋となるため、非常に効果的です。

「ツッツキ 基礎」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:32 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。