2000年12月01日

総重量

ラケット オフィンシブCR 78g
ラバー ドランクンドラゴン52g×2(スピード補助剤済)

総重量が185gになります。特に重たいとは思いません。

最初両面粘着にした時は重たく感じましたが今はちょうどいいです。

クリッパーウッドに興味があるのですがさらに重たくなると多分振れないからあきらめてます。


「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 14:58 |Comment(0)
2000年12月12日

計り

両面に中国粘着ラバーを張っているため重量には気を使っている。
Image179.jpg
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

ファインジップ

スピード補助剤のクリーンチューニングEXをスポンジに五回塗った後にファインジップで張ってます。
ムラニなるのと厚く塗ると重くなるのが不満
Image187.jpg
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

Xグルー

最近ネットで評判のXグルー購入してみました。
ファインジップより薄くムラニならずに濡れて最高
乾くの早いし不満ないです。
重量もあまり増加しませんでした。
スポンジも大量に添付してるし
値段は高いけど使用量少ないので長持ちしそう
Image186.jpg
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

エコロエキスパンダ2

クリーンチューニングEXと同じくらい柔らかくはなるがスピードは余り増加しない。
やっぱりクリーンチューニングEXが最高ですね。
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

スピードアクセル

スピードアクセルはあまり柔らかくならない。高弾性ラバーやテンションだとスピードがかなり増すらしいが、中国ラバーだとクリーンチューニングEXの方がスピードが出ます
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

スピード補助剤

今までスピード補助剤は

スピードアクセル
エコロエキスパンダ2
クリーンチューニングEX

の三種類を使用しました。

中国粘着ラバーに使った時はスピードアクセルは柔らかくならないしスピードも微々
エコロエキスパンダ2は柔らかくて回転は掛かるがスピードはあまりアップしてない。
クリーンチューニングEXは柔らかくなりスピードもかなりでます。

中国粘着ラバーにはクリーンチューニングEXが1番合うみたいですね
値段高めですが効果が一月以上続くのでスピードグルーよりかなり経費が下がります。
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)

クリーンチューニングEXとの出会い

ラバーをドランクンドラゴンに、ラケットをオフェンシブに変えて以前よりもかなり速い球が打て出したのだが、例の後輩にはコースを読まれたら、相変わらずカウンターされてしまう。

そこで、スピード補助剤を試してみることにした。
ネットでいろいろ品定めし、粘着との相性が良さそうな

クリーンチューニングEX

にチャレンジ。五回塗りした後、後輩と試打

スピードがめちゃめちゃ上がったのに、オバーする事なくちゃんと入る。多分スピードだけでなく回転も大幅アップしてるのだろう。

フルスイングすると今まで見たことない恐ろしい弾道で相手コートに突き刺さった。

全国大会出たことある後輩がその日は1球も返球できませんでした。
後輩に「こんな恐ろしいドライブ受けたの、全国大会で中国留学生と試合した時以来です。」
いわしめました。
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:05 |Comment(0)
2008年04月23日

ドランクンドラゴン(酔龍)レビュー

ドランクンドラゴン(酔龍)レビュー

■モニター環境・自己紹介
名前:中国粘着ラバー信者
卓球歴(戦歴):中学高校の5年プラス最近再開して1年。高2のときインターハイ出場(個人戦)。
プレースタイル:前陣両ハンドパワードライブ型。パワードライブと沈むドライブのコンビネーションが得点源

使用用具:
ラケット:オフェンシブCR WRB
Fラバー:ドランクンドラゴン
Bラバー:ドランクンドラゴン
スピード補助剤:クリーンチューニングEX(8回塗り)
接着剤:Xグルー
過去に使用経験のあるラバー:
タキネス、タキファイアー、キョウヒョウ、天極など粘着ラバーいろいろ

いろいろ中国粘着ラバーをさまよったのですが、現在酔龍無しでは生きていけない卓球生活を送っているので、酔龍のレビュー書いてみます。

■第一印象
重さ・ラバーの感触など:
過去に購入したやつの重量は、パッケージ込みで94g〜83g。カット後で49g〜42gでした。

クリーンチューニングEX8回塗りすると、プラス5gになります。
ちなみにスピード補助剤いろいろ試しましたが、酔龍にはクリーンチューニングEXが1番相性よかったです。

硬度はかなり硬くて、触るとパンパンな感じ。キョウヒョウよりもかなり硬いですが、反発がよさそうな感じです。

傾向として、重量が重たいやつほど、硬度が硬くなります。ちなみに、83gは触るとスカスカな感じでした。

シート表面も比較的綺麗ですが、1回だけシート中心にゴミが入っていた事がありました。

粘着力はキョウヒョウ3より少し強力なやつから、ほとんど粘着力が無いものまでいろいろありました。粘着が強い方が回転が掛かり、少ないものはスピードが出ます。

フォアには重くて堅いくて粘着力が強め、バックには軽くて柔らかくて粘着力が合うと思います。現在はフォアには92gを、バックには87gを使用中です。

■試打
ドライブ:
まず、中国粘着ラバーの最重要ポイントであるドライブについてですが、今まで使用した中国粘着ラバーの中では一番スピードが出ます。しかも、擦り打ちすれば、天極3に近いぐらいの強烈な回転が掛かって沈みます。

引っかかりが非常に良過ぎて、最初はオーバーミス連発してましたが、慣れてくるとスピードはあるけどちゃんと弧を描いた弾道で飛んで行きます。

いろいろ中国粘着ラバー試しましたが、ドライブのスピードと回転が1番高次元で融合しているのは、このラバーだと思います。

カーブ、シュート系のドライブも強烈に曲がるので、

相手のフォアサイドを切るカーブドライブ、
相手のバックサイドを切るシュートドライブ、
最初相手のバックに飛んで行き、相手がバックで処理しようとすると、強烈にカーブして、相手のフォアミドルに飛んで行くドライブ

などが、非常に効果的でした。

前陣のパワードライブは今まで体験したこと無いスピードと弾道で飛んでいって、練習仲間の県大会上位のカットマンに「カットできない。」と言わしめました。

ただし硬度が硬いため、中途半端なスイングスピードや、擦り打ち以外の打ち方では、ドライブが掛からないし、飛ぶ方向も安定しないので、常に擦り打ちのフルスイングが要求されるじゃじゃ馬ラバーです。


スマッシュ:
テンション効果で、今まで使った中国粘着ラバーの中では一番スピードがでます。フルスイングなら方向性もかなり良いです。

たた、ドライブと同じで、硬度が硬いためか、中途半端なスイングスピードのスマッシュだと方向性がかなり悪くなります。


ブロック:
これも、テンションのおかげで、今まで使った中国粘着ラバーの中では一番スピードがでます。

ナックルは強粘着ラバー程ではありませんがそれなりにだせます。

あとサイドスピンも良く掛かるので、カーブ、シュートがやりやすいです。


フリック:
引っかかりが非常に良いため、フラットに打つフリックよりも、リストを使って回転をかけるフリックが非常にやりやすくて効果的です。


切れた下回転などでも、回転の掛かったスピードのあるフリックが打てます。


ツッツキ:
当てるだけでもかなり切れますが、リストを使って切ると猛烈に切れたツッツキが低い弾道で飛んで行きます。

テンションなので、切れないかと思いましたが、逆に強烈に切れます。

ツッツキして相手がループしたらカウンタードライブ、再度ツッツキしたらパワードライブが得意パターンなのですが、自分のツッツキを相手に強打される確率が減ったため、得点力がかなり増しました。


ストップ
テンションのため、他の中国粘着ラバーよりは難しいですが、慣れたら全く問題ないです。


サービス
サービスは他の中国粘着ラバーと同じくらい切れます。
ただし、きちんと擦り打ちしないと、回転が掛かりません。


レシーブ
サービスの回転の影響を非常に受けやすいため、最初は苦労しましたが、慣れてきて、逆に相手の回転を利用するレシーブができだすと病み付きになりました。

特に、相手の右横系サービスに対するフォアハンドでのカーブフリック逆横回転レシーブと、

相手の左横系サービスに対するバックハンドでのチキータ逆横回転レシーブ

が、相手のサーブの威力を利用してめちゃくちゃ曲がり、非常に効果的で、練習仲間から「倍返しレシーブ」と命名され恐れられてます。


■おすすめなプレーヤー:
スイングスピードがちゃんとあって、きちんと擦り打ちができる人には魔法のラバーです。


■注意事項 :
ラバーの重量に10g以上のバラツキがあるため、購入時には重量指定で買った方がよいと思います。

スイングスピードがない人、擦り打ちが苦手な人は、違うラバーを使って下さい。

相手の回転を非常に受けやすいため、レシーブが苦手な人も避けたほうがよいと思います。
「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:08 |Comment(0)
2008年05月03日

STIGA アルミケース レビュー

「STIGA アルミケース」レビュー

投稿者:中国粘着ラバー信者

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴):中学高校の5年プラス最近再開して1年。高2のときインターハイ出場(個人戦)。
プレースタイル:前陣両ハンドパワードライブ型。パワードライブと沈むドライブのコンビネーションが得点源

使用用具:
ラケット:オフェンシブCR WRB
Fラバー:ドランクンドラゴン
Bラバー:ドランクンドラゴン
スピード補助剤:クリーンチューニングEX(8回塗り)
接着剤:Xグルー
過去に使用経験のあるラバー:
タキネス、タキファイアー、キョウヒョウ、天極など粘着ラバーいろいろ

今回はラバーでもラケットでもなくて、ラケットケースのレビューです。

社会人なので、いつもスーツ着て通勤しているのですが、スーツに普通の卓球のラケットケースを抱えて通勤するのがちょっとダサダサだったので、何かいいものはないかと、スティガのスェーデンのサイト

http://www.stigatabletennis.com/

を探索していると、アルミ製のちょっと洒落たラケットケースを見つけてしまいました。

ヤサカでは扱ってなかったので、日本で入手可能なところを探していると、ワールドラバーマーケットで売っていたので、衝動買いしてしまいました。

ラケット1本とピン球3個入る仕様になってます。ちなみに重さは680gでした。

通常のラケットケースの3倍ぐらいの値段がするのですが、届いた翌日に、スーツの小脇に抱えて出勤すると、いつも俺のファッションに厳しい指摘をする、お洒落にうるさいOLの方々から

「一瞬、ゼロハリバートン(洒落ビジネスマンに大人気)のアルミケースかと思いました。」
「普通の卓球ラケットケースだと正直一緒に歩きたくなかったけど、これならOK」
http://www.zerohalliburton.jp/

と珍しくお褒めの言葉が頂けました。

あと職場の机の上や、愛車のミニクーパーの助手席にころがしてても違和感がないので重宝してます。

卓球好きでいつもラケットを抱えているサラリーマンの皆さん、めちゃめちゃお勧めなので、ぜひ使ってみて下さい。

「レビュー(ラバー,ラケット)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:07 |Comment(1)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。