2005年08月14日

前陣ならスタンス広く

粘着ラバー使いの大半の選手は前陣中心でプレーしていると思いますが、前陣で戦うなら広くく腰を落としたスタンスをとりましょう。

前陣だと相手との距離が近いため、相手の打った球に対して素早く、返球する体制を取らなければなりません。

可能なら脚を動かさずに、それが無理でも一歩動フットワークで対応できなければ厳しい返球が無理になります。

広く腰を落としたスタンスなら、脚を動かさなくて打てる範囲が非常に広くなります。
また一歩動で少し脚を動かせば処理可能な範囲も非常に広くなります。

この構え方は足腰のバワーが必要ですが頑張って自分のものにしてください。


「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:44 |Comment(0)

広いスタンスならミドルの処理も楽勝

広いスタンスを取ると非常に楽になるのがミドルの処理です。

ミドルを突かれた時は苦しい体制でも可能な限りフォアで対応した方が、相手に厳しい返球ができる可能性が高まりまるため、ミドルはフォアで処理するのが一般的です。

狭いスタンスなら左足を一歩動かさないとミドルの処理ができませんが、広いスタンスならば脚を動かさなくて処理できます。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:55 |Comment(0)
2005年08月17日

フリックの脚さばき

フリックでフォア前の球を打つときは右脚を踏み込む。

バック前の球を打つときは左足を踏み込む。

この方が打球後素早く戻って相手の返球に備えやすい。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 06:28 |Comment(0)
2007年11月01日

シートで擦るドライブ

ドライブにはシートの表面で擦り打ちする方法と、スポンジをめり込ませて打つドライブの二つが主にあります。
中国粘着ラバーはその粘着性とスポンジの硬さ等からシートで擦るドライブでの回転がめちゃくちゃ掛かります。
逆にスポンジをめり込ますドライブではテンションラバーなどに比べて回転があまりかかりません。
なので、中国粘着ラバー使用者は擦り打ち主体でプレーしましょう。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 02:53 |Comment(0)

ラバーに食い込ますドライブ

通常のテンションラバーではドライブはラバーにあて気味に打って食い込ませて引きつれを使って回転を掛けます。
しかしスポンジの硬い中国粘着ラバーでは食い込みにくいため回転が掛かる前に反発してしまうため、回転がかかり辛いです。
よって、特にナックルドライブを打つとき以外はあまり使いません。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 02:54 |Comment(0)
2007年11月05日

ナックルドライブ

今年の全日本選手権の決勝のテレビ中継で水谷のナックルドライブが取り上げられていましたが、ハイテンションでは出し辛いドライブの回転の変化ですが、中国粘着ラバーでは比較的簡単にできます。
コツ等はなく、テンションラバーでのドライブの打ち方である、ラバーにめり込ませて打つドライブの打ち方で打つのである。
粘着ラバーの特徴で、このうち方では回転が掛からないことが逆にフォームはちゃんと回転のそれなりに掛かったドライブなのだが、中国粘着ラバーの特徴のおかげで自然にナックルドライブになってしまいます。
擦り打ちの球を基本打法としながら、ナックルドライブをたまに混ぜれば相手はネットに引っかかってくれます。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 05:51 |Comment(0)
2007年11月12日

シュートドライブ

シェイクでの打ち方を書きます。先ずフォアでは、ラケットを立ててラケットの面は相手に向けて、窓拭きするようなイメージで右から左にスイングします。

比較的浮いた球ならやりやすいのですが、低い球に対してだと脚を大きく開いて低い体勢を作らないと打てないので、カーブドライブよりかなり難しい技術です。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:29 |Comment(0)

カーブドライブ

カーブドライブは比較的簡単です。低い球をドライブすると自然にカーブするので曲がりの少ないカーブドライブなら特に何もしなくて打てます。

フォアで大きく曲がるカーブドライブを打つには、手首を内側に曲げてラケットの先端を下にさげて球の外側を打ちます。
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:38 |Comment(0)

ループドライブ

ループドライブは相手のツッツキや下回転サーブを球の真後ろを真上に擦り上げる事により返球するドライブ技術です。

安全重視ならネットの数10センチ上を通過させ、相手のコートの真ん中に入れようとすれば良いでしょう。

ただ甘いループは相手にカウンターされやすいので注意してください
「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:45 |Comment(0)
2007年11月16日

カウンタードライブはコンパクトに

カウンタードライブは相手のスピードを利用して打つため、スイングスピードよりもタイミングを重視した、コンパクトなスイングを心掛けましょう。

「ドライブ 基本技術」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:24 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。