2005年06月01日

粘着ラバーの短所

粘着ラバーの短所は

スピードがでない。
相手の回転の影響を受けやすい。

などがあります。最初粘着に変えた時はレシーブで苦しみました。
あとスポンジが硬いために、テンションラバーでのドライブの基本的打ち方のラバーにめり込ませて打つドライブでは回転がかかりにくくなってます。


「中国粘着ラバーマスターへの道」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 02:54 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。