2008年10月02日

ノングルー時代のラバー

オリンピックが終わって日本だけでなく国際的にもノングルー時代が到来しました。各選手、特に粘着ラバーを使用していた選手の用具が気になっていたのですが、バタフライの契約選手のページ

http://www.butterfly.co.jp/players/

に10月1日現在の最新の契約選手の使用ラバーが掲載されました。

中国の女子代表選手、日本を含むアジア系の選手は「テナジー64」に変えてる人が多いです。ヨーロッパの選手はボルやシュラガーなどはテナジー5に変更している選手が多いようです。意外にもスピードがでるブラスピの使用者はほとんどいませんでした。

「テナジー64」は中国の女子代表選手やカットマンが使っているので、現在中国粘着ラバーを愛用している筆者としてはめちゃくちゃ気になるラバーです。

しかも、日本の水谷や吉田みたいに、今まで粘着でなかった選手まで使っているので、その性能の高さが伺われます。

早く詳細がしりたいですね。


「卓球日記、卓球歴など」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:39 |Comment(2)
この記事へのコメント
朱がアリレートの松下プロαにテナジー64でカットするんですからなんか凄いですよね(^o^;)
結構α弾みますしね汗
中国男子も気になりますねo(^-^)o
Posted by S・K at 2008年10月03日 00:22
Posted by イボ前進攻撃型 at 2009年05月24日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。