2008年10月03日

テンションラバー、高弾性高摩擦ラバーでの、ツーバウンドブロック

これらのラバーにはスピン、スピードを殺す能力がないというより、むしろ相手のラバーのスピード、スピンをいかに返球に活かすかを年頭に開発されているため、非常にツーバウンドさせるのは難しい。

特殊な打ち方で、スピンを殺す必要がある。みなさん横回転サービスをストップレシーブするときをストップのときを思い出して下さい。サービスの回転の影響を無くすためにピン球の表面の回転スピードと同じスピードで擦り、短くストップしていると思います。

これと同じ考えを使って相手のドライブの回転を消してツーバウンドさせます。

つまり、完全に相手のドライブの球の回転を殺すには相手の球の回転スピードと同じスピードで上から下に擦る必要があります。

よってテンションなどのラバーでツーバウンドブロックさせるには、回転の影響を受けないために、上から下に振りながら、スピードを殺すために手前に引く必要があります。


「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。