2008年09月17日

スレイバーでもツーバウンドブロック普通に打てる

先日、某掲示板で

粒高ラバーで、相手の上級者のパワードライブをツーバウンドするブロックする
ことは可能か?

と盛り上がっているが、俺からみると無意味な議論である。

俺は高校1年生までは粒高を使っていて、粒高でのツーバウンドブロックなんか普通に使っていた。

全国大会出場常連選手のドライブでも普通にツーバウンドブロックできてた。

その後ワルドナーに憧れて裏裏ドライブマンに転身して、ラバーもスレイバーなどに変更したが、相変わらずツーバウンドブロックを使用していた。

裏ラバーと弾むカーボンラケットに用具が変わって、打ち方を多少替える必要が生じて、難易度も多少上がったが、部内の全国大会出場同級生相手に練習をちょっとしたら、すぐに彼のパワードライブをツーバウンドブロックできるようになりました。

実際インターハイで全国レベルの相手と試合しても、相手が中後陣からスピードドライブ打ってきたときなどには非常に効果的でした。

ただし、全国大会レベルだと、すぐに対応されるし、少しでも甘くなると、反撃されるため、1試合で2、3球しか出せないのですが。

と言うことで、全国大会出場レベルのパワードライブを、普通に、スレイバーでツーバウンドするストップブロックをしていた俺の、ツーバウンドストップブロックの技法、戦術を掲載していきたいと思います。


「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。