2008年09月15日

スーパーカーブカットドライブ

カットドライブと書くと、

カットなのか?

ドライブなのか?

はっきりしろ!

と怒られそうですが、

打ち方はスーパーカーブドライブなのに、

飛んでいく球は横下回転のような技法のことです。

スーパーカーブドライブの応用で打てますので、ここで紹介したいと思います。

スーパーカーブドライブの打ち方で、一番カーブをかけるには、ラケットの先端を真下に向けて、ピン球の外側の真横をこすると書きましたが、そのうち方で、さらにリストをまげて、ラケット先端を真下より内側にして、ラケットのフォア面が少し上を向いた状態で、ピン球の右下を擦るとどうなるでしょうか?

打ち方の見た目は、普通のカーブドライブです。

しかし、球には右下回転がかかります。

見た目と、実際の球の回転が逆になるので、マスターすれば非常に強力です。



「スーパーカーブドライブ(フォア)」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。