2008年09月07日

前陣チキータドライブ連打は必須技術

チキータドライブは、相手の返球が再びバックに返ってきやすという技の性質から、チキータドライブ連打、それも、早いピッチでの前陣チキータドライブ連打はチキータドライブマスターとなるためには絶対必要な技術である。

でもピッチを上げたくても、打ち方が特殊なんで、難しい。
球が来てからバックスイングしてたら間に合わない。
など、早いピッチでの連打はなかなか難しいのです。

そこで、チキータドライブを打った後は、相手の返球がバックにくると想定して、チキータドライブのバックスイングした状態、すなわち、ラケットの先端を下に向けた状態で相手の返球に備えましょう。

こうすれば、早いピッチでもチキータドライブの連打が可能です。

相手の返球が厳しくないなら、さらにラケットを90度捻って先端がフォアに向くまでバックスイングして、非常に回転量の多いチキータドライブを

余裕がなければ。この体制からチキータドライブを打つようにしましょう。




「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。