2008年09月05日

チキータパワードライブはックのツッツキ対する最強の攻撃方法

試合で1番多くパワードライブを打つ場面は、自分のバックへツッツキがきたときだと思います。

回り込んで、フォアでパワードライブを打つと、どうしても少しカーブすドライブになり、相手のバックのサイドを切るコースにはなかなか打てません。

さらに、相手にがら空きのフォアをつかれる恐れもあります。

フォアでのシュートドライブなら相手のバックサイドのサイドを切るコースに打てますが、フォアハンドでのシュートドライブはその打ち方から打点が下がると無理ですので、いつも使える技法ではありません。

なら、フォアではなくてバックハンドでのパワードライブを打てばよいのかといえば、一般的にバックハンドフォアハンドよりパワーが劣るので、破壊力が落ちます。

この場面で1番破壊力があるのが、バックハンドでのチキータパワードライブです。

フォアよりは多少パワーは落ちますが、猛烈にかかった横上回転のために、相手のバックサイドのサイドを切って大きく曲がるパワードライブが相手コートに突き刺さり、相手を窮地に追いやることが可能です。



「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。