2008年10月01日

粘着ラバーでのツーバウンドブロック

粘着ラバー、とくにスポンジの硬い強粘着ラバーだと、ブロックしたとき、粘着ラバーの粘着力でスピンを殺し易くなります。

さらに粘着ラバーはその粘着力のためスピードがでないので、スピードも比較的殺しやすいため、ツーバウンドブロックがやりやすいです。


「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(1)
2008年10月02日

20087年9月の月間来場者数は24132人

20087年9月の月間来場者数は24132人

累計来場者数は 150218人でした。

先月より来場者が少し減ってしまいました。

まあ投稿数が最近へったのでしょうがないかなという気もするのですが。

最近実世界が忙しくてコメントへの返事がなかなかできなくてすいません。

今後ともよろしくお願いします。


「このブログについて」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:26 |Comment(0)

ノングルー時代のラバー

オリンピックが終わって日本だけでなく国際的にもノングルー時代が到来しました。各選手、特に粘着ラバーを使用していた選手の用具が気になっていたのですが、バタフライの契約選手のページ

http://www.butterfly.co.jp/players/

に10月1日現在の最新の契約選手の使用ラバーが掲載されました。

中国の女子代表選手、日本を含むアジア系の選手は「テナジー64」に変えてる人が多いです。ヨーロッパの選手はボルやシュラガーなどはテナジー5に変更している選手が多いようです。意外にもスピードがでるブラスピの使用者はほとんどいませんでした。

「テナジー64」は中国の女子代表選手やカットマンが使っているので、現在中国粘着ラバーを愛用している筆者としてはめちゃくちゃ気になるラバーです。

しかも、日本の水谷や吉田みたいに、今まで粘着でなかった選手まで使っているので、その性能の高さが伺われます。

早く詳細がしりたいですね。
「卓球日記、卓球歴など」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:39 |Comment(2)
2008年10月03日

テンションラバー、高弾性高摩擦ラバーでの、ツーバウンドブロック

これらのラバーにはスピン、スピードを殺す能力がないというより、むしろ相手のラバーのスピード、スピンをいかに返球に活かすかを年頭に開発されているため、非常にツーバウンドさせるのは難しい。

特殊な打ち方で、スピンを殺す必要がある。みなさん横回転サービスをストップレシーブするときをストップのときを思い出して下さい。サービスの回転の影響を無くすためにピン球の表面の回転スピードと同じスピードで擦り、短くストップしていると思います。

これと同じ考えを使って相手のドライブの回転を消してツーバウンドさせます。

つまり、完全に相手のドライブの球の回転を殺すには相手の球の回転スピードと同じスピードで上から下に擦る必要があります。

よってテンションなどのラバーでツーバウンドブロックさせるには、回転の影響を受けないために、上から下に振りながら、スピードを殺すために手前に引く必要があります。
「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年10月05日

スピードドライブをツーバウンドブロック

スピードドライブはスピンが少ないため、スピードを殺す、すなわち、ラケットを引くことを重視すると、比較的簡単にツーバウンドブロックが可能です。
「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年10月07日

ループドライブをツーバウンドブロック

ループドライブはスピードが比較的遅いため、スピードを殺すことよりも、回転を殺すことを重視してブロックすると、ツーバウンドブロックが比較的容易にできます。
「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年10月11日

ツーバウンドブロックの戦術1

技法の性質からわかると思いますが、相手が中陣からドライブを打ってきた時に使います。

このタイミングなら多少浮いたり、ツーバウンドしなくても、即失点にはならない場合が多いので、低く返す事よりも、多少浮いてもツーバウンドさせることを重視したツーバウンドブロックで大丈夫ですので。

「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年10月13日

ツーバウンドブロックの戦術2

相手が前陣にいた場合はあまり効果はありませんし、逆に少し浮いたり、長くなっただけで、相手に決定打を打たれてしまいます。

粒高ならツーバウンドしてなお下回転がかなり掛かったツーバウンドブロック可能なので、前陣でま使えないことはないのですが、テンション系だと、相手が前陣にいるときは使用厳禁です。
「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年10月15日

ツーバウンドブロックの戦術3

40ミリになって、最近は前陣か中陣の前目でプレーする人が増えたので、使う機会が少なくなったのですが、試合でこちらの技術の高さを見せ付けるには良い技法だと思います。
「2バウンドストップブロック」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。