2008年08月01日

チキータドライブの利点B

チキータドライブの弾道以外の利点が実はあります、こちらの方が初見の相手には厄介だと思われます。

それはめちゃくちゃ掛かった横回転です。

チキータドライブの横上回転は、切れた横上回転ロングサーブに近い、場合によっては、サービス以上の破壊力を持っているため、それに対するレシーブと同じで、横回転の量をきちんと把握して打たないと狙ったコースに飛ばす事ができません。

初めてチキータドライブを受けた場合、コースを狙う以前に、相手の台に入れるだけでも非常に困難になります。


「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)

2008年7月の月間来場者数は32869人

2008年7月の月間来場者数は32869人

累計来場者数は99404人でした。

先月より来場者が倍増してびっくりです。

記事を約100個投稿した効果でしょうか?

それとも、固定客が増えたのでしょうか?

まあ、原因不明ですが、今後ともよろしくお願いします。
「このブログについて」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 01:35 |Comment(0)
2008年08月02日

チキータドライブは相手の強打を封じる

チキータドライブは相手がフォアで処理しようとした場合、大きく曲がる性質から、体に食い込んできて、詰まってしまい、強打ができなくなります。

逆に曲がる球、たとえばフォアのカーブドライブなどは、相手から逃げる弾道ですが、逃げる球なら、予想より大きく曲がっても、肘を伸ばしたり、飛びつく距離を長くしたりして、強打できますが、

チキータドライブを打たれて、予想より大きく曲がった場合、相手は詰まってしまい、強打が打てず、当てるだけの返球になりやすいです。

さらに、当てるだけの返球は、チキータドライブの横回転の影響を非常に受けやすいため、こちらの台の厳しいコースに返球することが非常に難しくなります。

よって、この場合、

スピードもなく、
ドライブの回転も少なく
コースも甘い

返球を引き出しやすくなります。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 10:00 |Comment(0)
2008年08月03日

チキータドライブの打ち方

基本的にチキータのリスト、腕の使い方の延長で打ちます。

チキータをマスターしている選手なら、比較的簡単にチキータドライブをマスターできるでしょう。

打点が高いときは完全にチキータの打ちかたで打つことができます。

打点が下がったときは、チキータのように肘を高くして打つのではなく、通常の打点が下がった時のバックハンドドライブのように、肘を少し下げた位置で、チキータの上腕とリストの使い方をすれば大丈夫です。

チキータをマスターしてない人には非常に難しい技法なので、まだの人は先にチキータをマスターしてください。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)

来場者10万人突破

8月1日に、このブログの来場者累計(ページビュー)が

10万人を突破しました。

まだブログを始めて半年で、中身がないブログなのに、こんなにたくさんの方に訪問していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

とりあえず、10万人突破を目指してがんばってきたのですが、こんなに、早く達成できるとは、びっくりというかなんというか、微妙な気分。

次の目標は1000記事投稿と100万人突破にしようかな???
「このブログについて」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 11:41 |Comment(1)
2008年08月05日

チキータドライブの打ち方A

通常のチキータドライブの打ちかたよりもさらに、インパクトで、ラケットの先を下に向け、より球の外側を打てば横回転の比率が増したチキータドライブになります。

擦る位置をどれくらい外側にするかで、横回転と上回転の比率を変える事ができます。

ちなみに、インパクトで、ラケットの先を真下に向け、球の真横を擦れば、横回転の比率が100%の球を打つことができますが、これは非常にコントロールが難しくなります。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(2)
2008年08月07日

チキータドライブの注意事項

破壊力満点のチキータドライブですが、弱点もあります。

横回転の量が多ければ多いほど相手の返球のコースがわかりにくくなります。

特に横上回転サービスと同じで、相手がブロック等、当てるだけで返球しようとすると、回転の影響をモロに受けてラケットの面とは全然違う方向に飛んでいきます。

たとえば、よくあるシーンとしては、自分のバックへの球を相手のバックにチキータドライブを打ったとします。

ここで相手がこちらのフォアに向けてブロックしたつもりが、回転の影響でバックに飛んできたりします。

相手のチキータドライブを打つ場合は、こちらのバック、それも厳しいコースに返球される場合が多いので、次が再びバックにくると思って、待ってください。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年08月09日

チキータドライブの戦術

チキータドライブを打つコースで1番強力なのは、

相手のバックサイドのサイドを切るコースに打つコースです。

非常に回転のかかった横上回転のおかげで、相手のバックサイドを切ってさらに大きく曲がる球を打つことが可能です。

さらに、この場合横回転と、コースの影響で、相手の返球のコースを、こちらのバックにほぼ限定することができます。

なので、バックサイドで待ち伏せして、再度、相手のバックサイドを切って、さらに大きく曲がっていく、チキータドライブで攻撃しましょう。

サイドを切らないコースに返球された場合はフォアハンドのスーパーカーブドライブで相手のフォアを突くか、

バックハンドのシュートブロック、シュートドライブで相手のフォアを突きましょう。

こちらが相手のバックサイドを切るコースにチキータドライブを打った場合、相手は返球のために、バックサイドに大きく振られるので、その返球を相手のフォアサイドを切るコースにフォアハンドのスーパーカーブドライブが打てれば、非常に有利な展開となります。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年08月11日

チキータドライブの戦術A

こちらがバックハンドのチキータドライブで相手のフォアを突いたとします。

この場合横回転と、コースの影響で、こちらのバックに返球される可能性が高くなります。

ただし上級者の場合だと、横回転を逆に利用してこちらのフォアのサイドを切るコースに打たれることがあるので注意してください。

ということで、相手が上級者の場合は、チキータドライブで相手のフォアを突くのは、いつも、自分のバックに来た球を相手のバックに打っていたら相手に読まれてしまうので、意表を突くためにために、たまに使う程度にしてください。
「チキータドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 00:00 |Comment(0)
2008年08月14日

北京オリンピック

昨日男子団体はナイジェリア、ロシアと連続ストレート勝ちで2勝をあげました。
今日はメダルへの天王山の香港戦です。
香港強いですが、今の日本ならなんとかなる可能性大です。
ダブルスがどちらも強いので、ダブルスの勝敗が試合を左右することになりそうなんで、水谷岸川コンビには頑張ってもらいたいです。
「卓球日記、卓球歴など」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 07:56 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。