2007年10月09日

スイングスピードを上げる@

前陣パワードライブを打つために、スイングスピードを上げるにはどうすればよいのでしょうか?

ただ闇雲にラケット振ってもスピードは上がりません。

また急にスイングスピードが上がる方法もありません。

日々のトレーニングの積み重ねが少しづつスピードを上げて行きます。

毎日練習時にフルスイングの練習をすることです。
フルスイングならいつもしてると言う人も居ますが、俺が言ってるフルスイングは

これ以上早く振れない限界の速さで振る事です。

コースを突こうとか、
台に入れようとか
バランスを崩さないように打とうとか
打った後、相手の返球に備えるないととかみたいな考えかたは全て忘れて下さい。

最初はスマッシュが良いでしょう

限界まで体重を右足に移動し
これ以上身体が回らない限界までバックスイングし
これ以上折れない限界まで手首を曲げてと

限界までパワーを貯めた後

体重を左脚に体重移動して
限界スピードで身体を回して
身体を回したパワーで腕を限界スピードで動かし
腕に伝わったパワーでラケットを限界スピードで動かす

最初は全く台に入らないと思いますが毎日していると

このスピードが普通の速さになり、
このスピードでも球を制御できるようになり、このスピードでもバランスを崩さなくなり
顔を歪めなくても、このスピードが出せるようになります。


「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:35 |Comment(0)

スイングスピードを上げるB

スマッシュのスイングスピードが上がった次は、

当て気味スピードドライブでも限界フルスイング訓練を行って下さい。

さらにスピードドライブで限界フルスイングができだしたら

最後は擦り打ちドライブも限界フルスイングで球を自在に操れるように訓練してください。

このように少しずついろんな技術の限界スピードを上げてみて下さい。

スピードが上がった先には未知の素晴らしい世界が待ってます。
「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:52 |Comment(0)
2007年10月12日

スイングスピードを上げるC

ここまで書いた常に限界スピードで振るトレーニングは韓国では一般的に行われてるらしい。

韓国代表選手のパワフルなドライブはこのトレーニングの積み重ねで生まれてるのである。
「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:57 |Comment(0)
2007年10月15日

沈むドライブのについて

中国粘着ラバーでの有効な技術の一つが「沈むドライブ」です。

これを打ちたくて粘着使っている人もいるぐらいです。

特徴は強烈に回転のかかった球で、ほとんどバウンドしない。

普通にバウンドする球を予想していた相手には、一瞬球が沈んだとの錯覚を感じるので、その名前がついたようです。

また、球が相手の予想を大きく外れた軌道を描くため、相手の構えているラケットの遥か下を通過してしまう事もあるぐらい、試合で使えます。


「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:54 |Comment(0)
2007年10月16日

沈むドライブの別名

沈むドライブですが、ほかにも卓球王国の技術記事では 「ねずみドライブ」 と呼ばれたり、バウンドしないで、台の上を滑るように感じるため 「滑るドライブ」 とも呼ばれるようです。
「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 16:56 |Comment(0)
2007年10月18日

沈むドライブの打ち方

それでは、皆様お待ちかねの、沈むドライブの打ち方を紹介します。

これを打つには先ほど説明した、

めちゃくちゃ回転の掛かった「激回転ドライブ」を打ち、
なおかつ、卓球台へのピン球の入射角を小さくする

必要があります。

緩い球だとドライブの上回転のせいで球が下方向に大きく曲がるため、入射角が大きくなってしまい、逆に弾むドライブとなってしまいます。

最後にもう一度まとめると、沈むドライブは、

1 ものすごい回転が掛かった激回転ドライブの要領で
2 入射角を小さくするため、速い球で
3 入射角を小さくするためネットギリギリを通す

事により打つことが可能です。

粘着ラバー使っているとたまたまこの条件を満たして沈む事がありますが、それは偶然できただけなので、ちゃんと、意図的に沈ませれるように修行しましょう。

高速激回転の球をネットギリギリに通せる選手のみが沈むドライブの使い手となれます。

「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:50 |Comment(0)
2007年10月19日

沈むドライブの効果的な使い方1

沈むドライブはそれ単品でも異常な破壊力を秘めていますが、さらに効果的に使うには、ドライブの引き合い等で回転の少ないスピードドライブと混ぜることです。

こうすることによって、相手にとっては、

1 回転量の大幅な変化によってネットミス等しやすくなる
2 飛んでくる球が予想と大きく変化するので、強打ができない。
3 飛んでくるスピードの違いによってタイミングを外され強打できない。

のような状況になってしまいます。

特に相手が中陣、後陣に下がっている時に沈むドライブを打つと、それなりのスイングスピードなのに、ボールが予想より遥か手前に落ちます。

かなり手前に落ちる球に対して強打は不可能なので、相手は返すだけで、精一杯でしょう。
「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:52 |Comment(0)
2007年10月20日

沈むドライブの効果的な使い方2

カットマンに対しても沈むドライブは非常に有効です。

1 スピードドライブで相手を下がらせておいて
2 次に沈むループを打つと
3 相手の予想より遥か手前に球が落ちて行く。
4 カットできたとしても甘く浮いた返球となってしまいます。

昔はカットマン大嫌いでしたが、中国粘着ラバーに変えて、沈むドライブマスターしてからは、カットマンに負けた事ないです。
「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:58 |Comment(0)

沈むドライブはブロックしにくい

超高速でないドライブならブロックすればいいやん?

と思う人もいるでしょうが、沈むドライブはネットぎりぎりを通過しバウンドが非常に小さいので、ブロックで、水平や斜め下への打ち出し角度で打とうとすると、ネットにかかってしまいます。

よって打ち出し角度を少し斜め上にする必要があるのですが、この打ち出し角度で速い球を打つと、台をオーバーしてしまいます。

よってそんなに早く無い球でしか返球できません。

さらにそんなに速くない球で返球しようとすると、弱いインパクトになり、沈むドライブの激回転の影響をもろに受けて球が浮いてしまいます。

なので沈むドライブは厳しいブロックで返球されずらいのです
「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:59 |Comment(0)
2007年10月22日

究極の沈むフリック

沈むドライブより難しい、究極の沈むフリックを紹介します。

相手のサーブやストップがネット際に来たとき、沈むドライブを応用した沈むフリックで激回転をかけてネットギリギリに通し、なおかつ相手コートの真ん中か、それよりネット際に入れる。

相手はフリックをされたので、カウンターしようと少し後ろに下がる
しかし、ワンバウンド目が相手コートで弾まず、沈む。
で、沈むと、相手が慌てて前に来るが、
相手が打つより先に、台上でツーバウンドしてしまう。

これは通常の沈むドライブよりも遥かに難しい。

1 激回転を与えて、
2 ネット際を通し
3 相手コートに短く入れる

絶妙のタッチがないと不可能である。
「沈むドライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 17:46 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。