2007年09月09日

前陣パワードライブ@

沈むドライブは、非常に強力ですが、そればかり打っていると、沈む弾道に慣れられてしまい、威力が半減してしまいます。

よって沈むドライブは、スピードドライブと組み合わせて使うと、そのスピードの違い、弾道の違いでて相手を幻惑して、威力が倍増すると書きました。

よって、前陣で打ってもオーバーしない、非常にスピードのあるドライブを身につけることができればよいのですが、はたして、本当にそんな夢のようなドライブは打つことが可能なのでしょうか?





「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:54 |Comment(0)
2007年09月10日

前陣パワードライブA

普通(チャンスボールでない)の球を返球する場合、前陣でフルスイングしても、オーバーすることなく、ちゃんと相手コートに入るようなドライブは、どのような打ち方をすれば良いのだろうか?

フルスイングしてスピードが増えるのに比例して、回転量も増やしていけば、理論上はどんなに速い球を打ってもちゃんと下方向に曲がって台に入るはずである。

つまり、前陣で、フルスイングをした時、

スピードと回転が高次元で融合した球

が打てれば良いことになる。

このブログでは、そのスピードと回転が高次元で融合したドライブを

「前陣パワードライブ」と呼ぶ事にする。

テンションラバー等ではスピードは出せるが、スピードが出て尚且つ激回転する球は打てない。

よって、ここで中国粘着ラバーの回転力が必要となります。
「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:54 |Comment(0)
2007年09月13日

前陣パワードライブB

相手のレシーブがボール一つ分浮いて返球されフルスイングのドライブで攻撃すると仮定します。

ボール一つ分浮いただけの返球をフルスイングで強打するには、猛烈な回転が掛かったスピードドライブでなければオーバーしてしまうでしょう。

よってこの状況でフルスイング可能なのは粘着ラバーだけです。

よって通常粘着ラバーはスピードがでないと言われますが、前陣や台上では、逆に最もスピードが出るラバーと言うことができます。

ただしこれにはかなりのパワーとテクニックを必要としますが。
「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:26 |Comment(0)
2007年09月14日

前陣パワードライブC

普通、ドライブのスピードを上げるには、少しフラットにラケットを出して、回転よりもスピード重視の打ち方をします。

しかし、高速かつ激回転の、前陣パワードライブを打つには、激回転ドライブを打つ方法、すなわち擦り打ちの打ち方で、フルスイングする必要があります。

これには

1 全力のフルスイングでも、きちんと擦り打ちできる技術

2 擦り打ちでも普通の人のスピードドライブ並の速度を出す人並み外れた凄いパワー

が必要です。特に「2」を持っている人は、卓球人口の中のごく少数しかいないのではないでしょうか。

大げさに書くと、

高速かつ激回転が融合した前陣パワードライブは「神に選ばれし人」しか撃てない究極の神業ドライブです。
「前陣パワードライブ」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 18:59 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。