2005年02月13日

粘着ラバーは台上がやりやすい

中国粘着ラバーなら台上の技が非常に強力です。

ストップは止まる
ツッツキは切れる
横回転プッシュが曲がる
チキータは曲がる
フリックで強打しやすい

など、台上で様々なテクニックを駆使可能です。


「中国粘着ラバーマスターへの道」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 19:00 |Comment(0)

粘着ラバーの天敵は粒高

粘着ラバーの天敵は粒高ラバーです。激回転ドライブなんか簡単に返球されてしまいます。しかも激回転で。
横回転が混ざった球を打っても、相手は簡単に返球してしまいます。しかも怪しい回転の球で

回転をかければかけるほど相手のペースになるので厳しい戦いになります。

バックへのナックル系サーブを出して、粒高でレシーブさせて、それを粒高じゃないフォアへ強打するのが基本ですが、同じパターンだと相手に読まれて反撃されるしやりにくいですぬ。
「中国粘着ラバーマスターへの道」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:00 |Comment(0)

粘着ラバー使いなら前陣で戦え

粘着ラバーの最大の利点は前陣での激回転スピードドライブが比較的打ちやすい事です。

前陣でのスピードのあるドライブを打ちやすくするラバーの研究を重ねた結果、今の粘着ラバーが誕生しました。

中陣に下がると逆にスピードが出ないラバーと化してしまうので、粘着ラバーマスターを目指す人達は前陣でプレーしましょう
「中国粘着ラバーマスターへの道」関連記事はこちら

posted by   中国粘着ラバー信者 at 21:35 |Comment(0)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。